筋トレでバストアップは可能か

腕立て伏せについて

 

腕立て伏せが胸筋を鍛える運動になると知っている人は多いでしょう。しかしこの腕立て伏せは中々辛い運動です。そんな辛い腕立て伏せですが女性でも簡単に取り組める腕立て伏せのやり方があるのです。その方法について説明していきましょう。

 

まず両手、両膝を床に着け四つんばいの形体になって下さい。息を吸いながらひじを曲げて、息を吐きながらもとの位置に戻していて下さい。至ってシンプルな方法で運動が苦手な人にでも取り組みやすい腕立て伏せの方法だと云えます。

 

腕立て伏せには貧乳改善に役立つ胸筋を鍛える要素がたくさん入っています。先ずこの取り組みう易い腕立て伏せから始め慣れてきて物足りなくなったら次のレベルアップした腕立て伏せに挑戦してみたらいかがでしょう。

 

まずうつ伏せになりひじを曲げ、手の平を床に着けます。肩幅よりも広めに手の位置をとって下さい。その時手の指は少し内側に向けると良いでしょう。足のつま先は床についてはいけません。ゆっくり膝から上を起こす様にして下さい。

 

息を吸いながら顔を床に近づける。最初は10回運動して1分休憩で3セット行ってみて下さい。この運動のポイントは胸筋を意識しつつ背中をまっすぐに保つことが大切です。慣れてきたらさらにレベルアップを図りましょう。

 

15回この腕立てをし、それを3セット行って下さい。休憩時間も1分ではなくもう少し短めにとると効果はさらに上がります。筋力トレーニングには即効性は有りませんが継続する事で確実に筋肉は鍛えられていきます。無理せず自分のレベルやペースを大事にし継続していくようにしましょう。

 

無理をして筋肉を傷めてしまっては目的とは相反してしまいます。

 

 

胸筋を鍛える

 

胸筋を鍛える事でバストアップを実現させる。これは大変有効な方法です。貧乳の人の中には自分は胸がそれ程ないのだから胸筋を鍛えても意味がないなどと間違った考えにとらわれている人もいるかと思われますが、胸筋を鍛える事は全ての女性にとって必要な事です。

 

例え貧乳であってもバストが下がっているよりトップバストが上がっていて更に胸のデコルテが美しければ貧乳などと云う言葉は使われないと思います。胸筋を鍛える事は先に述べたバストアップと胸のデコルテを美しく整えるのに必要不可欠な運動です。

 

ではどの様な運動があるのか見ていきましょう。胸筋を鍛える運動のポピュラーなものとして、胸の前で手を合わせ力を入れる運動が有ります。この時姿勢は立ち姿勢でも座り姿勢でも大丈夫です。大切なのは姿勢を正す事です。そして胸の中心に両手の平を合わせ力を入れます。

 

この時、息は吐きながら力を入れて下さい。時間としては10秒間、息を吸ったら再度同じことをあと9回行って下さい。また胸の中心ではなく右胸を中心に手を合わせ同じように10回この運動を行って下さい。同様に左胸を中心に同じことを行って下さい。

 

これを1セットとして時間がある時に気軽に毎日行う事をお勧めします。またダンベルを利用して胸筋を鍛える簡単な方法もあります。まず両脇を肩幅に開きます。姿勢を正しまっすぐ立って下さい。腋をしめ腕を少し曲げダンベルが正面にくるようにして下さい。この時息はゆっくりと吸います。

 

そして息をゆっくり吐きながら腕はそのままにダンペルを弧を描くように真横に移動させていきます。この時胸の筋肉を意識して下さい。そしてゆっくり呼吸しながらもとの位置に戻しましょう。姿勢や胸の筋肉を意識しながら10回この運動を行って下さい。

 

これを1セットとして時間があればダンベルで胸筋を鍛える運動を毎日行ってみて下さい。どちらの方法も胸筋を鍛える上で効果的な運動なので、自分が継続できると思われる方を選び、毎日時間を見つけては運動するよう心掛けて下さい。